【歌が上手くなる練習方法】ロングトーンについて

グッとくるマガジンは【歌ヘタ・楽器ヘタ専門CanariaMusicSchool】&【喋りヘタ専門GoodVoiceAcademy】が運営するWebメディアです。「歌が上手くないたい。」「自分でできるボイストレーニングを知りたい。」などお役立ち情報満載でお届けいたします。

http://gc-japan.com/magazine/wp-content/uploads/2019/03/428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_m.jpg
生徒

たくみ先生、今日はどんなことを教えてくれるんですか?

http://gc-japan.com/magazine/wp-content/uploads/2019/03/f1.jpg
たくみ先生

今日は、ロングトーンについて解説するね!!

本日のお題:ロングトーンについて

ロングトーン・・・同じ音をできる限り長く伸ばして発声する練習方法です。

どんな効果が期待できますか?

①腹式呼吸(お腹の支え)を意識できるようになる

②息がブレずにコントロールできるようになる

③ピッチが安定し、語尾を最後まで伸ばすことができる

ロングトーンを習得したいという方は、下記の手順に従って練習してみましょう!

1.出しやすい音で「あー」と声を出してみましょう。

2.その音程でできるだけ長く伸ばしてみて、息のブレや音の響きなどをチェックします。

3.鍵盤など使用して音の高さ変えながら声を出してみましょう。

4.日本語の母音「あいうえお」を使用して同じように伸ばしてみます。

ワンポイントアドバイス

・ロングトーンで声を伸ばしていると、最後まで呼気を出し切ろうとしすぎて体が硬くなってしまう場合がありますので、余計な力が入っていないかどうかチェックしながら行ってみてください。

一流への道

体に余計な力が入らず、伸ばしたい長さまでまで十分に伸ばすことができる

フレーズの語尾でもブレずに伸ばすことができる

息がブレずにどの音程でも最後まで伸ばすことができる

ビブラートや強弱をつけながら表現豊かなロングトーンができる

注意点

伸ばしにくい母音があるかもしれませんが、まずは声の出しやすい母音から始めてみてください。慣れてきたら少しずつ違う母音やフレーズで伸ばす練習をすると効果が高まります。

皆さんへのメッセージ

歌の中で声がブレずに安定したロングトーンができると本当にカッコイイですよね。憧れのシンガーに近づけるように辛抱強く練習してみてください。