【歌が上手くなる練習方法】ハミングについて

グッとくるマガジンは【歌ヘタ・楽器ヘタ専門CanariaMusicSchool】&【喋りヘタ専門GoodVoiceAcademy】が運営するWebメディアです。「歌が上手くないたい。」「自分でできるボイストレーニングを知りたい。」などお役立ち情報満載でお届けいたします。

http://gc-japan.com/magazine/wp-content/uploads/2019/03/428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_m.jpg
生徒

たくみ先生、今日はどんなことを教えてくれるんですか?

http://gc-japan.com/magazine/wp-content/uploads/2019/03/f1.jpg
たくみ先生

今日は、ハミングについて解説するね!!

本日のお題:ハミングについて

ハミング・・・口を閉じ、声を鼻に抜かしてメロディーだけで歌うこと。わかりやすく言うと、「鼻歌」のことです。

どんな効果が期待できますか?

①集中して音程を取る練習ができる。

②余分な力を入れず、高い声のトレーニングになる。

③声の通りが良くなる。

④声の共鳴を感じやすくなる。

正しいハミングを習得したいという方は、下記の手順に従って練習してみましょう!

1.口を閉じます。

2.鼻歌を歌っているときのように、「ん~」と声を出します。

3.鼻の頭を指で触ってみて、響きが伝わってきているかどうか確認します。

4.慣れてきたら、その状態をキープしながら色々な音の高さでハミングしてみます。

5.音階をつけながらハミングを行います。

ワンポイントアドバイス

・喉に力が入らないようリラックスすること

・体が緊張しないよう適度にほぐす

・鼻や口の奥の振動を感じる

・力いっぱい出すのではなく徐々に響きを強くしていく

・息が漏れすぎないように気をつける

一流への道

ハミングでメロディが正確に取れる。

ロングトーンができる。

歌いたい曲の音程が取れる。

地声とファルセットを滑らかに繋ぐことができる

皆さんへのメッセージ

口をしっかりと閉じすぎて鼻に力が入ってしまい、苦しそうなハミングになってしまうことがあります。あまり過剰に力を入れすぎると鼻や喉がつまった印象となり、結果的に負担がかかりすぎてしまい逆効果になりますので注意してください。