【歌が上手くなる練習方法】ボーカルフライについて

グッとくるマガジンは【歌ヘタ・楽器ヘタ専門CanariaMusicSchool】&【喋りヘタ専門GoodVoiceAcademy】が運営するWebメディアです。「歌が上手くないたい。」「自分でできるボイストレーニングを知りたい。」などお役立ち情報満載でお届けいたします。

http://gc-japan.com/magazine/wp-content/uploads/2019/03/428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_m.jpg
生徒

たくみ先生、今日はどんなことを教えてくれるんですか?

http://gc-japan.com/magazine/wp-content/uploads/2019/03/f1.jpg
たくみ先生

今日は、ボーカルフライについて解説するね!!

本日のお題:ボーカルフライについて

ボーカルフライ・・・超低音域でブツブツ、パラパラと声帯を振動させて出す発声で、「エッジボイス」とも呼ばれます。有名なところでいうと、映画「呪怨」でこの声が使用されていることから、呪怨ボイスと呼ばれることもあります。

どんな効果が期待できますか?

①声帯閉鎖の感覚をつかむことができる

②低音域の限界値が下がる

②無理のない高音発声を習得できる

ボーカルフライを習得したいという方は、下記の手順に従って練習してみましょう!

1.出しやすい音程から「あ〜」と声を出しながら音を低くしていきましょう

2.これ以上は下がらないというところまでいくと、「ブツブツ、パラパラ」というような声帯の振動音がすると思いますので、それを繰り返し出しましょう。

※息を止める、吐く、止める、吐く。これを交互に繰り返すと声帯の開閉運動を 行うことができるのですが、感じることができるでしょうか?

次に、息を止めた状態からゆっくり低い声を出してみましょう。声が出る瞬間に声帯が振動する感覚がわかりますでしょうか?リラックスしながら軽く行ってみてください。

ワンポイントアドバイス

・ボーカルフライは超低音域のため、たくさん歌ったあとにはやりにくく感じる

・逆に朝一は鳴らしやすい

一流への道

ボーカルフライをいつでも鳴らせる

小さいな音から大きな音まで連続して鳴らせる

ブツブツとした音の粒を早くしたり遅くしたりできる

歌の中でボーカルフライを意識的に混ぜることができる

声帯閉鎖の感覚を維持したまま高音発声を操ることができる

注意点

過度に力を入れすぎないように、ゆっくりと行ってみてください。

皆さんへのメッセージ

個人差があり初めのうちは全然鳴らせない場合もありますが、辛抱強く行っていると、少しずつ感覚がつかめてくると思います。

これから音楽を始めるなら                      「Canaria Music Studio(カナリアミュージックスタジオ)」